少年野球審判
【主審の構える位置】

少年野球審判「主審の構える位置」

少年野球審判をやる時、主審はどこに立てば良いのでしょうか。私も、審判講習会を受けるまでは分かりませんでしたが、左打者・右打者によって異なります。

主審の構える位置は、バッターとキャッチャーの間で、ホームベースのインコース(打者側のホームベース端)を体の中心とすることで、投球がとても見やすくなります。

プロ野球などのTV中継を見ていると、主審は確かに下のイラストのような位置で構えていますね。(^^) 

また、お会いしましょう。(^^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。