ボールカウント

「ボールカウント」

バッター1人に対して投げたボールとストライクの数のことだよ。

イラストの例だと、「スリーボール、ツーストライク」というカウントで、「スリーツー」と略して言うこともあるよ。

以前は、ストライクから先に「ツーストライク、スリーボール」と呼んでいたけど、 国際的に合わすためにボールから先にカウントするようになったんだよ。なので、2010年あたりから日本のプロ野球の各球場も、ボールカウントを一番上にしたボードに変更されたんだ。

古い球場だと、ストライク表示が一番上にきていて、昔の名残があって良い感じもするね。(^^) 

ちなみに、主審は左手でボール数、右手でストライク数を示すんだ。プロ野球では、審判が手でカウントを示すことはあまりみないけど、少年野球ではスコアボードが無いため、手で示すんだね。

最後まで読んでくれてありがとう~。また読んでね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。