ネクストバッターサークル

「ネクストバッターサークル」

次の打者として待機する丸い円のことを「ネクストバッターサークル」あるいは「ネクストバッターズサークル」というよ。1塁側と3塁側にあるけど、自分のベンチに近いサークルを使うんだよ。

このサークル内で、素振りをしたりピッチャーの球筋を観察したり、重要な場所でもあるんだ。

ただし、少年野球や高校野球など、試合によっては素振りを禁止していて、膝を落として待機するように決められている場合もあるから注意が必要だね。

面白いと思うことは、 選手それぞれでルーティン(お決まりの動作)があることだよ。例えば、イチロー選手が現役の頃、ネクストバッターサークルで屈伸をしてストレッチをして何回か素振りをしてから打席に入る。

このルーティンは、体に染みついていて、ほぼ毎打席同じ動作をするんだ。

自分も高校生時代から、「ネクストバッターサークルで5回素振りしてから打席に入り、軸足の足場を固めてから構える」というのがルーティンだったのだけど、この動作は何年経ってもずっと変わらないよ。逆に、素振りが1回も出来ずに打席に入ったりすると、なんだか落ち着かなかったんだよね。(^^) 

最後まで読んでくれてありがとう~。また読んでね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。