アンツーカー

「アンツーカー」

芝と芝の間にある赤土のことだよ。赤と茶色の間くらいの赤褐色といった方が正しいかも。ランナーの走路でもあります。

プロ野球の実況で、「アンツーカーと人工芝のちょうど間にボールが落ち、ボールが跳ねました!」とか、内野手がエラーをして「アンツーカーにボールが転がっている!」と叫んでいる言葉をたまに聞きますね。

粘土質の土ですが、硬さによってボールの弾み方が異なるので、選手にも意見を聞きながら硬さを調整して作っているんだよー。

最後まで読んでくれてありがとう~。また読んでね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。