自打球

「自打球」

打った打球が自分の体に当たることだよ。「ファウル」の扱いとなる。

軟式球でも痛いけど、硬式球となると痛みでしばらく立てないこともあるんだ。プロ野球では、プロテクター(保護具)を使用している選手も多いよ。アームガード(肘当て)やレガース(スネ当て)なんかがあるよ。

1991年のプロ野球オールスター戦では、秋山幸二選手が打った球が顔面(目の下あたり)に直接当たり、倒れこんだんだ。これが影響で残念ながら視力が下がってしまったものの、秋山選手は無事に復活して活躍したんだ。トラウマになりそうな気がするけど、強い精神力を持っているよね。

最後まで読んでくれてありがとう~。また読んでね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。