ワインドアップ

「ワインドアップ」

腕を頭の上に振りかぶってから投げる投球方法のことだよ。

体全体を使って、体をひねりながら投げることでボールに力を伝えるんだよ。元西武の松坂大輔選手や楽天の岸孝之選手のフォームはとてもかっこいいと思う。

ワインドアップは、ランナーがいる時は簡単に走られるから、ランナーがいない時の投げ方だよ。

だから、ワインドアップ投法で投げる選手は、ランナーがいない時にこの投法で投げ、ランナーがいる時はセットポジションから投げるのが基本だよ。ワインドアップを使用しない選手は、ランナーがいなくてもセットポジションで投げるんだ。

自分が以前、ピッチャーをやった時、ランナーがいるのにワインドアップで投げて、簡単に盗塁を許してしまった苦い経験があるよ。(^-^; その時、相手ベンチから「あのピッチャー、頭大丈夫かぁ~?」ってヤジが飛んで、記憶にずっと残ってる・・・。プロ野球の野球場で悪いヤジをよく聞くけど、楽しく観戦している方にとってはあまり聞きたくないよね。(^^) 

最後まで読んでくれてありがとう~。また読んでね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。