タッチアウト

「タッチアウト」

ランナーにタッチをしてアウトになるプレーだよ。

ランナーはベースを踏んでいる時以外は安全ではないから、下図のようにボールを持った野手が、グローブにボールを入れた手、もしくはボールを持った手でランナーにタッチすればアウトだよ。

でも、下図のように素手でボールを持って、グローブだけでタッチしても「空タッチ」(からたっち)となり、セーフとなってしまう。少年野球でもたまにあるプレーだね。実は、プロ野球でもたまにあるんだよ~。

実戦の例として下図は、ランナー1塁からサードゴロを打った場面。打者は走者となるため、1塁ランナーは次へ進塁しなければならないけど、サードがファーストに投げて先に打者走者がアウトになっているため、元の1塁ランナーは無理して2塁に行かなくても良くなるんだよ。(ランナーは次の塁を狙っても良いし、1塁に戻っても良い)この時、守備側はランナーをタッチしてアウトにしなければならない。タッチアウトとフォースアウトの違いは結構難しいよね。フォースアウトについては、前回の記事を参考にしてみてね。

最後まで読んでくれてありがとう~。また読んでね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。