セットポジション

「セットポジション」

軸足(右投投手の場合は右足)を投手板に触れた状態で、「ピタッ」と静止する状態だよ。

野球規則には、打者に面して建ち、軸足を投手板に触れ、他の足を投手板の前方に置き、ボールを両手の前方に保持して、完全に動作を静止したときをセットポジションをとったとみなされると書いてあるんだ。ちなみに、ランナーがいなくてもセットポジションから投球できるよ。

この、完全静止って結構むずかしいところがあると思うんだ。秒数で言うと1秒くらいかな・・・。完全静止してない状態で投げると、ボーク(投球違反のこと)とみなされ、ランナーがいる場合は次の塁へ進塁するペナルティーが与えられる。

海外の選手が日本のプロ野球でプレーする初年度は、この完全静止有無が要因でボークを取られるケースを良く見る。おそらく、日本と海外では微妙に条件が異なるはずだよ。だって、海外の選手は「なぜ、ボーク?」って感じで怒ってる選手が多いからだよ~。(^-^; 

最後まで読んでくれてありがとう~。また読んでね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。