ホームラン

「ホームラン」

打ったボールが地面に触れることなく、外野フェンスを直接超えていくことを言うよ。

ホームランを打てば、守備側からアウトにされることなく、ゆっくりベースを一周できるんだよ。

これに対し、「ランニングホームラン」というのは、3塁打の延長で「走ってホームイン」する形のことだよ。プロ野球でも滅多にないけど、たまに見られるんだよ。

ちなみに、ホームランを打ったら確実に点数が入るわけではないよ。例えば、ベースを踏み忘れたらアウトになるんだ。

また、2004年の日本ハム 対 ダイエー戦では、新庄剛志選手がサヨナラ満塁ホームランとなる一撃を放った。しかし、喜んだ1塁ランナーの田中選手が新庄選手と抱き着き、この時に「打者走者の新庄選手が1塁ランナーを追い越した」としてアウトとなった。サヨナラ勝ちとはなったものの、単打扱いで1点のみの記録となった。

だいぶ前だけど、ホームランを打った後にケガをするハプニングもあった。門田博光選手はホームランを打った後、ベンチ前でブーマー選手とハイタッチをして肩を脱臼したのだった。ブーマー選手、ハイタッチ強すぎ~!(^-^; 

最後まで読んでくれてありがとう~。また読んでね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。