ランダウンプレー

「ランダウンプレー」

守備側がランナーを塁間に挟み、アウトにするプレーだよ。挟殺プレーとも言うよ。

下の図は、1塁ランナーのリードが大きく、キャッチャーが1塁に送球し、内野手でランナーを挟みこみ、ランナーをタッチアウトしようとしている場面だよ。守備側がミスする可能性もあるので、ピンチを広げないように、若い塁側(1・2塁間であれば1塁)へランナーを追い込んでいくことが基本だよ。

最後まで読んでくれてありがとう~。また読んでね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。