打撃妨害

「打撃妨害」

守備側の野手やキャッチャーが、打者の打撃を妨害するようなプレーを言うよ。「インターフェア」とも言うんだ。(インターフェアは打撃妨害または守備妨害のことを言う。)

打撃妨害としては、イラストのようにバットがキャッチャーミットにあたるケースがほとんどかな。

打撃妨害があった場合、審判は「打撃妨害」あるいは「インターフェア」をコールし、打者は1塁へ進む権利が与えられるんだよ。

キャッチャーは後ろに下がり過ぎても、ピッチャーにとっては投げにくくなるし、とても難しいよね。攻撃側の作戦として、バッターボックスの一番後ろに下がって打撃妨害を狙うケースだってあるんだよ。(^^) 

ちなみに、打撃妨害があってもボールを打ってヒットになる場合があったりする。この場合は、一連のプレーが終了した時に審判がタイムをかけ、攻撃側の監督に①打撃妨害の適用か②打った後の結果か、どちらで再開するかを選択してもらうんだよ。

最後まで読んでくれてありがとう~。また読んでね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。