自作・野球カードの作り方

自作(手作り)・野球カードの作り方

野球をやる少年にとって、誰しも野球カードへの憧れはあります。私も低学年の子供たちに、自作で作成してプレゼントしますが、すごく喜んでくれます。下はサンプルですが、作成後の野球カードイメージです。どのように作成してるか、私の作成方法をお話します。

【作り方】

①まず、バッティング姿やピッチング姿などかっこいい(かわいい)写真を撮ります。もちろん、写真を撮っただけで、それをカードにしても面白みに欠けてしまいます。背番号や名前を入れると喜ばれますので、是非、入れていきましょう。

②次は画像編集です。編集といっても写真データに名前や背番号やチーム名などを入れるだけです。私はこの作業がとても好きです。コメントなども入れると喜ばれるし、子供のサインだって入れることができます。プロ野球チップスのカードは縦86mm×横59mmなので、それに合わせて制作すると良いと思います。私は画像編集ソフトとしてCLIP STUDIO PAINTを使ってます。下の画像は、CLIP STUDIOの編集画面ですが、文字を入れたり・画像を編集したり、お手頃な値段の割に高機能なソフトなのでお勧めです。エクセルなどでも作れますので、試してみてください。(^^)

③次に写真を印刷してください。私は、下の写真のように家庭用写真プリンターを使用していますが、カメラ屋さんで印刷を依頼しても良いでしょう。印刷後、縦86mm×横59mmになるように余白部分をカッター等でカットします。

④写真だけだとペラペラなので、ラミネーターを使って透明フィルムで補強します。ラミネーター機本体は安いので2000~3000円程、フィルムは100円ショップで購入できます。

⑤そして、最高に喜んでくれるのが、キラキラ光るキラカードです。作り方は、 半透明のホログラムシート を写真に貼り付けるだけです。④のラミネート前に貼り付けておくと良いでしょう。ホログラムシートはネットで200円前後で購入できますので、おすすめです。

どうでしょうか、少し難しく感じた方もいると思いますが、是非チャレンジしてください。きっとあなたが一生懸命作った野球カードは、子供達が笑顔で野球カードを受けとってくれるはずです。(^^) 下の写真が、完成した野球カードとなります。

セルシス CELSYS 〔Win・Mac版〕 CLIP STUDIO PAINT PRO (クリップ スタジオ ペイント PRO)[CLIP STUDIO PAINT PR]

価格:8,220円
(2021/4/13 23:07時点)
感想(12件)

【ドイツ国内シェアNo,1】 A4サイズ対応 ラミネーター MONOLITH (モノリス) 2本ローラー ラミパッカー シンプル スリム 家庭用ラミネート ラミネートフィルム ol289

価格:2,838円
(2021/4/13 23:10時点)
感想(389件)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です