少年野球の練習メニュー「低学年の打撃練習1」

少年野球練習メニュー・低学年の打撃練習1

こんにちは、kentyblog.comのkentyです。

今回のテーマは「低学年の打撃練習メニュー」についてです。

小学生に野球を教えるのは難しいものです。特に、3年生以下の低学年ともなると、更に難しいですよね。打撃練習で、私が特に推奨するのは、下イメージ図のような

「硬式テニスボール打ち」です。

なぜ、テニスボールなのか?一番のメリットは子供が楽しくフルスイングすることなのです。また、野球の軟式球は野球を始めたばかりの子にとっては、恐く感じるものなので、軟式球よりも柔らかめの硬式テニスボールがちょうど良いと思います。

以前に、元プロ野球選手と話をしたことがあるのですが、低学年への打撃指導で大切なことは、 力いっぱい振らせることと教えてもらいました。極端に悪いクセがある場合は修正させるが、細かい箇所は修正せずに、楽しくフルスイングしてもらうのが良いのだと・・・

テニスボール打ちは、子供達は喜んでフルスイングで打ちます。本当に練習の意味あるの?と言われたりしますが、まずは楽しくフルスイングさせましょう。

私自身、高校野球の練習でテニスボールを打つ練習もしていました。外角の球を逆方向へ打ち返す練習をメインでやっていましたが、何の技術を修得したいのかを意識すれば、とても良い練習になります。ですので、高学年への練習としても、内角・外角打ちの練習などに有効と考えてます。

また、お会いしましょう!

↓他の記事も是非どうぞ!(^^)/↓

少年野球、低学年、練習メニュー、打撃練習2、シャトル打ち

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です