お母さんの野球講座8スコア【ヒット】

少年野球スコア書き方「ヒット」

こんにちは、kentyblog.comのkentyです。

今回の少年野球テーマは、「ヒットの書き方」についてです。

では、下イラストをみてみましょう。

①レフト前ヒット(単打)・・・まずバッターが進塁した塁まで斜線を引きますが、今回は単打なので1本です。更にレフト番号の7を記入し完成です。また、ヒットは赤で記入した方が、見やすく・試合後に集計し易いですよ。

②レフトオーバーホームラン・・・レフト番号7に、4つ進塁するため斜線を4つ書きます。は自責点の意味ですが、別で説明しますね。

③・④2塁打、3塁打・・・上図の場合は、センターとライトの間で右中間(うちゅうかん)と呼び、8・9とし必要分の斜線を記入します。ちなみに、レフトとセンターの間の場合は左中間(さちゅうかん)と呼び、7・8となります。

では、内野安打はどのように書くのでしょうか、下図をみてみましょう。

④内野安打・・・斜線を引き、守備番号を囲みます。

⑤バントヒット・・・④と似ていますが、バントヒットとしてBHを加えます。

次回も見てくださいね。

↓他の記事も是非どうぞ!(^^)/↓

スコアブックその9、残塁の書き方

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です