お母さんの野球講座9スコア【残塁】

少年野球スコア書き方「残塁」

こんにちは、kentyblog.comのkentyです。

今回の少年野球テーマは、「残塁の書き方」についてです。

まず、残塁とは、 攻撃終了時に塁上に走者が残っていることを意味します。2人のランナーが残っていれば「2者残塁」と呼び、残塁数を単に残塁と言ったりもします。スコアブックでは、マス目中央に「ℓ」と記します。(Left on baseの略) では、下イラストを見てみましょう。

上図は、二死一塁からショートゴロでファースト送球でアウトになった場合です。この場合は一塁ランナーが残塁となるため、一塁ランナーのマス目中央に「ℓ」が記入され、残塁1となります。では、満塁の場面ではどうでしょうか。次のイラストをご覧ください。

上図は、ヒット連打と四球で一死満塁となった場面です。ここでショートゴロで6-4-3と渡りダブルプレーになりました。この場合の残塁はどうなるのでしょうか。一塁走者は2塁フォースアウトのため、残塁ではありません。残塁は2塁・3塁走者で二者残塁と言い、残塁2となります。

他の例として、二死満塁で三振アウトとなった場合は、三者残塁で残塁3が記録されます。

それでは、またお会いしましょう!

↓他の記事も是非どうぞ!(^^)/↓

スコアブックその10、自責点と失点

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です