お父さんの野球講座5「オーバーラン」

お父さんの野球講座5・オーバーラン

こんにちは、kentyblog.comのkentyです。

少年野球のテーマ、今回は「オーバーラン」についてです。

通常は、走塁やスライディング時にベースから離れた状態で、野手にタッチされれば当然アウトとなります。でも、下のケース①のように、

バッターランナーとしての一塁ベースの駆け抜けは認められているので、この場合はタッチされてもセーフとなります。

Q:問題

では、問題です。 上のケース②のように、一塁を駆け抜けた後で、バッターランナーが二塁に行くそぶりを見せました。その後、ファウル地域で野手にタッチされましたが、判定はどうなりますか。

A:答え

二塁に行くそぶりを見せた場合、フェア地域・ファウル地域にいても、タッチされたらアウトとなります。

逆に言うと、二塁に行く素振りを見せなかった場合、フェア地域・ファウル地域関係なしに、タッチされてもセーフとなります。

↓他の記事も是非どうぞ!(^^)/↓

お父さんの野球講座6、少年野球、インフライト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です