お父さんの野球講座4「タッチアップ」

お父さんの野球講座4・タッチアップ

こんにちは、kentyblog.comのkentyです。

今回の少年野球テーマは「タッチアップ」についてです。

二死以外において、野手が飛球(フライ)を捕球した場合、ランナーは帰塁していれば、次の塁を狙うことができます。このように、

打者の飛球を野手が捕球した後に帰塁すること、または捕球前に帰塁しておくことをタッチアップといいます。ただ、「タッチアップにより次の塁へ進塁すること」自体をタッチアップと呼ぶケースが多いですね。

Q:問題

では、問題です。上のイメージ図のように、外野手が飛球を一度グラブに当て、ボールをファンブル(お手玉)してから捕球しました。ランナーはどのタイミングで走れるでしょうか。

A:答え

タッチアップは、飛球が野手のグラブに触れた時が基準となるため、 グラブに当てた時点で走塁することができます。

↓他の記事も是非どうぞ!(^^)/↓

お父さんの野球講座5、少年野球、オーバーラン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です