お父さんの野球講座22「ボーク①」

お父さんの野球講座22・ボークその1

こんにちは、kentyblog.comのkentyです。

今回の少年野球テーマは「ボーク」についてです。

ボークとは、反則投球のことで、宣告されると塁上の走者は1個の進塁が与えられることになります。

しかしながら、お父さん審判は「ボーク」を宣告するのは、なかなか勇気が要りますよね・・・ボークは10種類程度ありますが、少年野球でボークが多いと思われる順に紹介していきますね。まずは、下イラストご覧ください。

第①位完全静止せずに投げる
投手は、一度セットポジションに入ったら、体の前でボールを保持した状態で完全静止しなければなりません。少年野球の場合、けん制球を投げた後、ランナーに十分なリードをさせる前に投げようとするケースを見かけます。この場合、完全静止せずに投げていることが多いので、審判は注意して見ておく必要があります。では、次のイラストを見てみましょう。

第②位肩が動く
左側のイラストは、セットポジションに入って完全静止を体制をとった後に、肩が動いたケースですが、ボークとなります。ランナーを見るのに動かして良いのは首から上だけで、肩が動いてはいけません。

第③位けん制の塁に足を踏み出していない
右側のイラストは、左投手の一塁へのけん制球をイメージしてます。ピッチャープレートに触れている投手がけん制球を投げる際、プレート触れていない方の足を、けん制する塁に向けて踏み出さなければなりません。上のイラストは微妙ですが、一塁に対して踏み出していない分、ボークを取られる可能性がります。

他のボークについては、別で説明しますね。

また、お会いしましょう。

↓他の記事も是非どうぞ!(^^)/↓

お父さんの野球講座23、少年野球、ボークその2


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です