お父さんの野球講座6「インフライト」

お父さんの野球講座6・インフライト

こんにちは、kentyblog.comのkentyです。

今回のテーマは「インフライト」についてです。

例えば上図のように、フライを外野手のグラブに当たって直接スタンドインした場合、判定はどうなるのでしょうか。

この場合は、ホームランとなります。打球が地面または守備側の野手以外のものに触れていない状態 を「インフライト」といい、飛球の状態が続く判定になります。

野手のグローブに当たっても、インフライトの状態ですので、飛球が続いており、ホームランとなるわけです。私自身、草野球で外野手を守っているときに、やってしまったことがあります・・・(^^)

Q:問題

では、問題です。下図で内野フライが審判に当たり、地面に落ちる前に野手が捕球した場合、判定はアウトになりますか?

A:答え

守備側の野手以外のものに触れているため、「インフライト」状態ではなくなり、アウトにはなりません。

↓他の記事も是非どうぞ!(^^)/↓

お父さんの野球講座7、少年野球、インフィールドフライ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です