お父さんの野球講座2「テイクツーベース」

お父さんの野球講座2・テイクツーベース

こんにちは、kentyblog.comのkentyです。

今回のテーマは「テイクツーベース」です。

審判より、「テイクワンベース」や「テイクツーベース」と宣言されますが、どのような意味があるのでしょうか。

まず始めに、少年野球では小学校の校庭を試合場にすることが多く、ラインを越えたら試合を中断するデッドラインを引くケースが多いですよね。少年野球で一番多いと思われるのが、上図のように

1.打球を処理した内野手が悪送球してデッドラインを超えるケースと思います。

この場合、投手の投球時点でランナーがいる塁が起点となり、テイクツーベースとなるため、打者は2塁へ(打席→2塁)、1塁走者は3塁へ(1塁→3塁)へ進む形となります。 これを「テイクワンベース」と言うのは間違いで、正しくは「テイクツーベース」なのです。

では、外野手の場合はどうでしょうか?

上図のケースは、

2.打球を処理した外野手が悪送球してデッドラインを超えるケースです。

この場合、外野手の送球時に手からボールが離れる時点が起点となり、ランナーがどこにいるかが判断基準となります。

上図のように、ランナーが2塁ベースを踏んでいない状態では、1塁から3塁へテイクツーベースとして進塁できます。2塁ベースを踏んでいた場合は、2塁→本塁への進塁で1点が入ります。少年野球では、デッドラインを超えるケースが多々ありますので、お父さん審判はよく見ていないといけないので、大変ですよね・・・(笑)。

また、お会いしましょう!

↓他の記事も是非どうぞ!(^^)/↓

お父さんの野球講座3、少年野球、ホームインの判定

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です