お父さんの野球講座1「投手の投げ損ない」

お父さんの野球講座1・投手の投げ損ない

こんにちは、kentyblog.comのkentyです。

今回のテーマは「投手の投げ損ない」についてです。

少年野球は、いろいろな出来事が起こるもの・・・。私も実際に主審をしていて、「あれ、どうだったっけ・・・」と判定を迷ってしまいました・・・

投球動作中に、投手の手から離れたボールは、 ファウルラインを超えたときのみ投球とみなされます。

上図①では、まさに投球がファウルラインを超えていますので、「ボール」と宣告されます。

また、②のように足元にボールを落とした場合は、投球とは見なされません。ですので、ランナーがいない場合は「ノーカウント」とし、ランナーがいる場合は「ボーク」となり次の塁へ進塁することになります。

とは言えども、少年野球の場合は、低学年が投手をやった場合に投球がバッターに届かなかったというケースもあるのです。この場合は、投球かどうかを常識で判断し、お父さん審判は「ボール」と宣告して問題ありません。

では、またお会いしましょう!

↓他の記事も是非どうぞ!(^^)/↓

お父さんの野球講座2、少年野球、テイクツーベース

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です