お父さんの野球講座7「インフィールドフライ」

お父さんの野球講座7・インフィールドフライ

こんにちは、kentyblog.comのkentyです。

今回のテーマは「インフィールドフライ」についてです。

インフィールドフライとは、どのようなケースに適用されるのでしょうか。

まず、インフィールド=内野ですので、言葉とすれば内野フライになります。例えば、上図のように、無死満塁のケースで打者が内野フライを打ち上げた際に、審判(主審・塁審だれが宣言してもよい)が打球を指さし、「インフィールドフライ、バッターアウト」と宣言します。これにより、打者は自動でアウトとなります。

これは、守備側が故意に落球し、ダブルプレーを狙う行為を防ぐためのものです。 適用するケースは、 無死 或いは 一死で、ランナー満塁 或いはランナー一塁・二塁の場合に適用されます。

審判する上で注意する点は、内野手が容易に捕球できるケースに適用されるので、難しい打球には宣言しなくても良い点です。また、インフィールドフライはフェアフライに適用されます。明らかにファールの時は宣言できませんが、フェアかファウルどちらか微妙な場合は宣言した方が良いでしょう。
その他として、少年野球の場合は、外野手が内野付近に守り、外野手が内野フライを捕球しようとするケースもありますが、インフィールドフライを宣言できます。少年野球のお父さん審判では、忘れがちなので、上の適用ケースを頭に入れておきましょう。

攻撃側のポイント

インフィールドフライが宣言した時点で、打者はアウトですが、プレーは続いています。仮に守備側がフライを落球しても、進塁することはできますが、進塁する義務はありませんので、子供達が安易にベースを離れないように注意しましょう。

守備側のポイント

インフィールドフライで打者がアウトになり、フライを落球して、ランナーが進塁を狙うケースがあります。この場合、打者は自動でアウトになっているので、ランナーにタッチする必要があります。ベースを踏んでもアウトにならないので注意が必要ですね。

↓他の記事も是非どうぞ!(^^)/↓

お父さんの野球講座8、少年野球、フィルダースチョイス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です