お父さんの野球講座12「1塁走者が走らない」

お父さんの野球講座12・1塁走者が走らない場合

こんにちは、kentyblog.comのkentyです。

今回のテーマは「1塁走者が走らない場合」についてです。

例えば、上図のように打者が内野ゴロで1塁ランナーが走らずベース上にいる場合、内野手がファーストに送球すると、ダブルプレーになるのでしょうか。

この場合は、 打者のみフォースアウト となります。1塁ランナーは、打者がゴロを打った際に「進塁義務」が発生しますが、上記の場合は打者が先にフォースアウトとなったため、1塁ランナーの「進塁義務がなくなる」のです。このため、無理に2塁を狙うことは必要なく、1塁に留まって良いのです。

攻撃側のポイント

上記のケースは稀かもしれませんが、野球を始めたばかりの子供は、どこに進んだらよいか分からずベースに居ることが多いですね。(笑) 走らなくても怒らずに、徐々に野球の楽しさを教えましょう。

守備側のポイント

上記のプレーで、ダブルプレーを狙うのであれば、ファーストはベースを踏まずに1塁ランナーにタッチした後にベースを踏めば良いですね。或いは、2塁送球で1塁ランナーをフォースアウトにした後に1塁送球することで、もちろん成立します。

↓他の記事も是非どうぞ!(^^)/↓

お父さんの野球講座13、少年野球、キャッチャーボーク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です