野球・ソフトボールのスコア読み方【例題8】

スコアの練習(ヒットかアウトか)

こんにちは、kentyblog.comのkentyです。

スコアの読み方について、読み方の練習していきましょう。

Q:問題

今回は、クイズ形式です。バッターがレフトへヒット性の打球を打ち、2塁を狙いましたが、レフトから2塁へカバーに入ったセカンドに送球され走塁死となりました。この時、ヒットは記録されるのでしょうか? また、スコアはどのように書くのでしょうか? さて、イメージできましたでしょうか。(^^)

A:答え

このケースは、ヒットとアウトが同時に記録されます。打者が一塁に到達した時点でヒットが記録され、続いて次の塁を狙ってタッチアウトが記録されるのです。スコアの書き方としては、下図のように7ヒットの記入と、レフトからセカンドへの送球でタッチアウトとなるため、「7-4T.O」の記入となります。

2番打者:3球目でサードゴロを放ち、サードが2塁に送球しましたがセーフで、打者走者もセーフとなり、オールセーフとなりました。

他の例としては、同じようなケースで3塁手前でタッチアウトとなれば、2塁打とタッチアウトの両方が記録されるということになります。

また、お会いしましょう。(^^)

↓次の記事も是非どうぞ!(^^)/↓

スコア練習9

↓前の記事はこちら!(^^)/↓

スコア練習7

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です