野球・ソフトボールのスコア読み方【例題3】

■エラーによる、投手の非自責点のケース

こんにちは、kentyblog.comのkentyです。

スコアの読み方について、次のお題を見ていきましょう。

イラスト右側に打者1~5番打者の結果があります、このスコアから何が読み取れるのでしょうか?イラストは4番打者がレフトフライを打ち、残念ながらレフトの選手がエラーしてしまったケースです。

1・2番打者欄:空振り三振とショートゴロで2アウト。

3番打者欄:4球目をセンターへ打ちスリーベースヒット。この後、4番打者のレフトフライエラーにより得点しますが、投手の責任の失点ではないため、非自責点としてが入っています。(ではありません)

また、4番打者による進塁のため(4)と記入されますが、自責点の場合は④、非自責点の場合は(4)となることに注意しましょう。

4番打者欄:4番打者がレフトフライを打ち、エラーとなったため「7E」となっています。

5番打者欄:ライトフライで3アウトチェンジです、4番打者の中央には残塁として「ℓ」が記されています。

いや~、野球・ソフトボールって本当に楽しいですね!

また、お会いしましょう。(^^)

↓次の記事も是非どうぞ!(^^)/↓

スコア練習4

↓前の記事はこちら!(^^)/↓

スコア練習2

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です